アメリカ

日本人が気をつけたいアメリカのビジネスマナー【知っていると安心】

 

外国人と仕事をする人も増えて、仕事のために海外に行く人もいるし、海外からのお客様を迎える人も増えてきてますよね。

日本人が当たり前だと思っているマナーでも、アメリカでは普通ではないことが多々あります。

日本に来たから日本のマナーに従え!という態度であるより、相手先のマナーも知っておくだけで仕事がスムーズに進めやすくなり、相手との関係もよりよくなっていきます。

 

実際アメリカと日本で仕事をしたことがある私の経験から、これだけは覚えておきたいマナーをご紹介します。

これはアメリカだけでなく海外で共通することが多いので、参考までに日本との違いをぜひ知っておいてくださいね。

 

 

 

 

日本人が気をつけたいアメリカのビジネスマナー

 

 

 

挨拶で名刺はいらない

 

日本では名刺を差し出しながら相手に名前を伝えるのがマナーですが、アメリカでは自分の名前を名乗り、握手をするのが基本です。

そのときに軽く自己紹介、名刺に書いてあるようなことを口頭で述べます。

名詞は連絡先の交換が必要になったタイミングで渡すくらいですが、みんながみんなする訳ではないです。

偉い人でも名刺を持っていないこともあります。

最近はエコのために紙削減で、名刺はないという会社も増えています。

また日本ほど大切に扱われる習慣がなく、その場でメモ代わりにする人もいます。それをみてビックリしないでくださいね!

ただの「連絡先が書いてある紙」という感覚なので、名刺と名刺交換は重要視されていないんです。

 

 

アイコンタクトをする

 

コミュニケーションを大切にするので、しっかり相手の目を見て話すことはとても大切です。

ずっと下を向いていたり、目を合わさずに会話するのはタブー。

興味がない、とネガティブにとらわれたりするので、恥ずかしくてもアイコンタクトは必須です。

 

 

相手の名前を呼ぶ

 

関係性や会社にもよりますが、だいたいはファーストネームで相手を呼びます。

お客さんだとMr.や Mrs.をつけたりしますが、基本的に同僚や上司でもファーストネームで呼びますね。

挨拶の時も「Hi John」と名前を言うととより親しみを感じるので、名前を呼ぶようにするといいですね。

 

 

ミーティングは議論して決断する場

 

 

日系企業で通訳として仕事をしていたとき、よくアメリカ人がぽろっとこぼしていたこと。

「日本人とのミーティングは生産性がない」
「ミーティングする前のミーティングは何がしたいのかわからない」
「この会議必要だったのか?」

と愚痴のようなことを何度も言われたことがあります。

 

アメリカの会社でのミーティングはみんなで話し合い、何かを決断する場。

なので、結論の出ないミーティングは時間の無駄とされてしまいます。

上司の話を延々と聞くのでなく、アメリカ人は立場関係なく自分の意見ははっきりとその場で述べるので、意見がかなり飛びあってヒートアップすることも。

 

そもそもアメリカ企業で働いてた時は、ミーティング自体がそんなにありませんでした。

個人個人にオフィスがあることが多いので、そこで立ち話で済ませるか、電話かチャットで済ませることが多いです。

 

また会社外でのミーティングでも、よほどのことでない限り「一旦持ち帰らせてください」とか「上司に確認させてください」とはせず、そこは個人の判断で任されることも多いです。

だから意思決定が早い!

それと比べると、「日本の会社は決断が遅いね」と言われることも何度も耳にしたことがあります。

意思決定が早いからこそクビの決断も即日なんてのもみてきました。

 

一つ注意した方がいいことは、会話中の腕組みは避けたほうがいいです。

腕組みは相手を警戒する時や相手を「拒否・拒絶」する気持ちがある時に行うボディランゲージと言われているので、ミーティング中にしないように気をつけてくださいね。

 

 

メールは簡潔に伝えたいことのみ

 

英語では伝えたいことを「簡潔に的確に書く」ことはとても大事。

日本語の「大変恐れ入りますが」「お世話になっております」「よろしくお願いいたします」を英語にしようとしたら長文になるし、堅苦しいし、しまいには何言いたいかわからなくなるので避けましょう。

これも昔同僚のアメリカ人に「日本人はメールで何を伝えたいかわからない」と言われたことも。

 

結論を先に書き、理由を後に述べ、伝えたいことのみを簡潔に書くよう意識してみてくださいね。

 

 

レディーファースト

 

日本の男性が最初慣れないことの一つとして「レディーファースト」があります。

日本では年功序列、役職の高い順で優先順位が決まったり、上座に偉い人などマナーがありますよね。

アメリカでは日常でもビジネスシーンでもレディーファーストです。

 

よくあるレディーファーストの例が、

・男性がドアを開けて女性を先に通す

・エレベーターの乗り降りで男性がドアを押さえ、女性を先に乗り降りさせる

・女性が乗る側の車のドアを開け、女性が乗り込んだら閉めてから自分の席に行く

・レストランでは女性の椅子を引いてあげ、まずは女性を座らせる

・食事の注文は女性から

 

など基本的に優先するのは女性からです。

 

このようなレディーファーストが日常でも仕事でもスマートに振る舞えると、格段と格好いいです。

するかしないかで印象もグッと変わってきます。

 

 

プライベート重視

 

残業はあまりせず、必須の飲み会もありません。

仕事終わった後に飲みに誘われることもありますが、上司と部下という仕事の延長のような飲み会でなく、カジュアルに楽しく気軽に飲む感じなので堅苦しくありません。

しっかりプライベートと仕事を線引きしている人も多いので、行きたくなければ断ればしつこく誘ってきませんし、みな理解があります。

「断るのが悪い」「行っておいた方がいい」「後で上司に何か言われそう」なんて理由で行かないで済むので安心です。

 

 

個人的な話はいきなりしない

 

日本の会社内で個人的なことを突っ込んでくることのハラスメント問題がよく話題にになりますが、アメリカでも個人的な話は打ち解けるまでは聞かないし、話しません。

初対面はなおさらのこと。

また日本人がすぐしたがる年齢や見た目の話題はタブー。

宗教、政治のこと、女性や男性のジェンダー別の話題も避けた方がよいです。

相手のファッションを褒めたり、日本の文化のことを話せるようになると打ち解けやすいですね。

 

 

まとめ

 

アメリカのビジネスシーンは日本と比べてかなり緩いですが、相手をリスペクトし、はっきりと言いたいことを伝えることが大切になってきます。

特にメールとミーティングの仕方は大きく違うので、意識しておいた方がよいですね。

 

 

 

【関連記事】

>>アメリカでは失礼な年齢や外見の話題。【日本人は気にしすぎ】

 

 

・「英会話何から始めていいかわからない」が1時間で解決!⇨個別レッスン

・無料学習方法【英語が苦手な大人向け】0からやりなおし英会話学習方法

・ご質問・ご感想はこちらから⇨お問い合わせフォーム