About


Yukinglish代表 秋山 ゆき


英会話初心者が英語苦手、不安、挫折を克服するための学習法やマインドをシェア。

英語が母国語ではない人向けの英語教授法「TESOL」資格保有者。

高校卒業後アメリカへ留学。
大きな期待を胸に渡米したものの、ホストマザーの英語が聞き取れず、伝えたいことが口からなかなか出てこないことに愕然とする。学校でも先生が何を言っているかわからず、当てられるのにビクビクしてた状態が続いた。期待と現実のギャップで毎日が苦痛になり、ホームシックになる。

英語で話しかけることに臆病になり、愛想笑いでどうにかごまかし、
「英語を話せるようになる」という当初の目標を忘れ、英語を避ける日々が続いた。

ある日ここで諦めて帰国したら何も得ず後悔するだけと思い直し、テレビやラジオでの会話を聞いて発音の真似をしたり、教科書の宿題を日々音読したり試行錯誤で勉強した。

この時、口の形と息づかいを意識することと、英語を声に出す音読が効果的だと体感する。これを続けた結果、臆病になっていた英語に少しずつ自信が持てるようになり、アメリカの4年制の大学を無事卒業。

大学卒業後、現地の会社に就職。
しかし学生時代と違って実際の英語で働く現場では言葉に詰まったり、
お客様と上手く会話ができないことがあり、また落ち込む日々が続いた。

何が違うんだろう?と周りの社員やお客様を観察すると、みな、驚くほど簡単な文章や会話をし、仕事をしていることに気づく。

大学を卒業できたことで英語に対する一定の自信をつけたが、ネイティブのような発音や正しい文法にこだわるあまり、頭で考えすぎて言葉が出てこなくなっていたのだ。

その後、「ネイティブのような発音より通じる発音」と「長い文章でなくシンプルな文章」を使うことで、英語が口からスムーズに出てくるようになり、英語を仕事で使うことを格段に楽しめるようになった。

日本語教師や様々なアメリカの企業を数社経験し、ついに有名大手車製造会社で夢だった通訳・翻訳の仕事にまで就くことができた。


約15年のアメリカ生活を経て日本に帰国し、学習本や英会話教室が溢れているにも関わらずなかなか英語を話せる人が増えていない現状を知る。

この現状を打破したいと思い、「最短で自信を持って英語を話せる日本人を増やそう!」と決意する。
自身が英会話力ゼロから英語を仕事で使えるようになるまでに効果的だった学習法と、15年のアメリカ生活で培った英会話のスキルを3つのステップに体系化し、ブログで書き綴っている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

英語を話せることで選択肢が増え、可能性は無限。英語を話せることで様々な国の人と出会え、価値観や世界観が広がり、そして新しい自分と出会うことでまた人生の方向が変わったり。

英語は人生の質をあげるもの。
私の経験から自信を持ってそう言えます。


英語を話せるようになるのに特別な環境や能力なんて必要ない。

必要なのは自分の決断。


なんとなく話せるようになりたい

から

絶対話せるようになる


だれでもこの決意ができたら実現可能。

そんな英語を話したい方への手助けが出来たら嬉しいです。