英会話学習法,  Tips

【情報格差】日本人は今すぐにでも英語を学ぶべき一番の理由 【人生の豊かさ変わる】

 

「英語が話せるなら話せるようになりたい」ってきっと多くの日本人が思ってると思うんです。

 

海外旅行でもっと楽しみたい、仕事で使えるようになりたい。など。

でもそれは希望であって
絶対必須とは感じていないので
英語学習は後回しに。

 

人それぞれ英語を話せるようになりたい理由は様々なので
「〜すべき」と普段あまり使いたくないのですが、
コロナ禍で日本人の英語力の必要性を強く感じたことがあります。

 

それは、

・日本語と英語での情報量の差

・英語から日本語への情報伝達の遅さ

 

この「情報を得る」という面で
日本人が英語をわかることは
これからの情報化社会で必須だと思っています。

 

日本人は今すぐにでも英語を学ぶべき重要性、
英語で情報を得るメリット、
情報を得るときのヒント
をお届けしますね。

英語を学ぶか迷っている人は必見です。

 

 

 

日本語と英語での情報量の差

 

 

コロナ禍でさらに感じた、
日本人が英語をしっかり学ぶべきと思ったこと。

 

日本語だけではかなり情報が限られている!

英語での最新情報が全て日本語に翻訳されるわけではないので、
圧倒的に日本語での情報は少なくなります。

 

調べてみると
英語での情報量は日本語での情報に比べて約28倍

 

 

例えば「ビタミンC」をGoogle検索したとき。

 

日本語でのGoogle検索:77,100,000  

 

 

 

英語でのGoogle検索:405,000,000 

 

 

日本語での検索結果約7700万件
英語での検索結果約4億件

 

この「ビタミンC」の情報だけで5倍の情報量の差がありますね。

 

本、雑誌、新聞などオンライン以外の情報も集めたら
さらに差が出るかと思います。

 

何かを調べる時に英語でもリサーチ出来ることで、
英語のみしか出てない情報も集めることができます。

 

また、インターネットが全て正しい情報ではないので
自分で取捨選択して判断する力も必要。

日本語で調べた内容は正しいのかな?と判断するためにも
日本語と英語でのリサーチ力は必須ですね。

 

私自身も何か調べるときは英語と日本語で調べます。

特に専門分野やニッチな内容で
日本語で情報があまりない場合
英語ではたくさん見つかることはよくあります。

 

日本語と英語でリサーチできることで、
自分の知識の幅が広がっていきます。

 

 

日本語への情報伝達の遅さ

 

もう一つコロナ禍で気づいた、
日本人が英語をしっかり学ぶべきと思ったことは

英語での最新情報が日本語で流れるまでに
時差があること。

 

最新の情報の多くは英語で流れます。

そこから英語で発表されたものを訳すのに
やっぱり時間がかかってしまうんです。

 

またアメリカで流行ったものが
遅れて日本で流行るなんてことよくあります。

 

わかりやすい最近の例として、
「Clubhouse」という招待制の音声配信SNS。

アメリカで先に流行って
少しアメリカで廃れたときに日本で流行りだしていました。

 

流行りや情報が後から遅れてくることは
生活に支障はないかもしれません。

でも最新情報をいち早く知れることって
チャンスにも早くつながると思うんです。

 

例えばビジネスや何か発信している人。

英語がわかることで英語の最新情報を先に入手出来るので
一番先に発信できますよね。

 

情報社会と言われる中、最新の鮮度の良い情報をいち早く知ることで
色々な面でチャンスが増えていきます。

 

 

より多くの情報が早く得られるメリット

 

 

選択肢が増える

 

上記のGoogle検索のヒット数の差でわかるように、
英語での情報が圧倒的に多いので
自分が必要とする情報が見つけやすいです。

 

自分が探してたコンテンツが
日本語だと10個だけでも、
英語だと50個くらいあるかもしれない。

 

例えばレシピや筋トレ方法なども
英語で検索したらこんなのもあるんだ!ということに驚きます。

筋トレだったら足のトレーニング種類が増えるし
レシピだったら卵料理のレパートリーも増える。

 

選べる選択肢が増えるって楽しいですよ。

 

 

多面的に物事を見れるようになる

 

もちろん日本語で十分な情報もあります。

日本の政治のことを知りたいなら、日本語でいいですよね。

 

そこで英語で日本の政治のことをリサーチできることで
海外の人から見た日本の政治についての意見が知れて
日本を客観的に見れるようになります。

 

多面的に物事をみれるようになるので、
よりグローバルな視点を養えるんですね。

 

日本語のみだと
どうしても日本人の主観と価値観からでしか情報を得られないです。

また日本の常識が世界では通用しないが
なんとなくしかわかりません。

 

国際社会と言われる中、
物事を違った角度から見れることも
とても大事になってきます。

 

日本人独特の固定観念が海外では違うんだと知ることで、
人生がもっと楽になるかもしれません。

 

 

Google検索以外でのオススメ情報源

 

今はSNSからでもたくさんの情報が得られますよね。

インスタグラムやTwitter, YouTubeで
自分がいいなと思う海外の人をたくさんフォローするのも一つの手です。

その人の価値観、文化、生の英語がわかるからオススメです。

 

特に自分の興味ある分野はYouTubeがいいですね。

視覚・聴覚で得られる情報は
文字で読むより多く取り入れられるようです。

 

ただしすべて鵜呑みにしていけないので注意。

ここでも情報の正しい取捨選択ができるよう、
一つの情報源に絞らないほうがいいですね。

 

 

まとめ

 

英語を学ぶ重要性をわかっていただけましたか?

 

英語で情報が得られることで、


・より早く最新の情報が得られる

・自分の知りたい内容が英語では多く見つかるかも

・海外の価値観を知れるから自分の視野が広がる

・選択肢が増える

・日本のことを外から見れる

 

英語を学ぶことで、長い目でみた自分投資になり
よって人生がより豊かなものになっていきます。

今はコスパよくどこでも学べます。

ぜひ人生の選択肢を増やすためにも
今日から英語学習始めてみてはいかがでしょうか?

 

英語力はまだゼロでも大丈夫。

これから焦らず基礎をつけていきましょう!

 

英語が苦手で英語力ゼロの大人のために
英会話の学び方を3ステップでわかりやすくまとめた無料学習方法です。

基礎はこれに沿って学んでいけば十分!な内容となっています。

【英語が苦手な大人向け】0からやりなおし英会話学習方法

 

 

 

 

・「英会話何から始めていいかわからない」が1時間で解決!⇨個別レッスン

・無料学習方法【英語が苦手な大人向け】0からやりなおし英会話学習方法

・ご質問・ご感想はこちらから⇨お問い合わせフォーム