英会話学習法,  スピーキング

単語力がなくても英会話を上達させる簡単な秘訣【無理な暗記不要】

 

英語を話せないのは単語力が原因だと思っていませんか?

 

実は単語力はそんなに必要ないんです。

英語は2000語で80%の日常の会話が成り立ちます。

日本語はなんとその倍で最低4000語以上!

 

2000語って多く感じるかもしれませんが、

Inとかgoは見たことはありますよね?そういう簡単な単語全て含みます。

学生時代にある程度英語に触れてきた日本人なので

けっこう単語を知っている、または思い出す方が多いです。

 

これからご紹介する【発想転換】の練習をすることで

必死に暗記せずにあなたの知っている単語で会話が上達できるようになります。

 

 

私も留学当初はわからない単語に詰まってしまい、

あやふやにして会話が全然成り立たず悩んでいました。

 

単語力のせいだと思い必死で暗記したりしてましたが、

実は単語力のせいではありませんでした。

単語を調べる前にこの発想転換の練習をしていったら

会話が楽になっていったので、

言葉に詰まってしまう方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

英単語力がなくても
英会話を上達させる簡単な秘訣  

 

 

【発想転換】の練習をしていくことで

簡単な単語で会話が出来るようになります。

 

 

英単語がわからなくても違う日本語に直してみる練習

 

わからない単語が出てきたときに

辞書を引く前に別の日本語に言い換える練習をしてみます。

 

例えば、「私は今日は残業です。」と伝えたいのに

“残業”の単語がわからないとき。

 

残業を別の言葉で発想転換すると「遅くまで働く」とか「◯時まで働く」

とも言っても同じような意味で伝わりますね。

そうすると

 

⇨今日は遅くまで働きます(I work late today. )
⇨今日は9時まで働きます(I work until 9pm today.)

 

とこれでも「残業」とほぼ同じように相手には言いたいことは伝わりますよね。

こんな感じで意味をすぐ調べるのでなく、

自分の知っている言葉に言い換えてみることが発想転換の方法です。

 

特に漢字表現をそのまま英語に置き換えようとすると

文が複雑になり相手に伝わりにくい文章になることがあります。

 

もう一つ例を出すと「一生懸命勉強した。」これはどうでしょうか。

 

一生懸命の英語を調べると「with utmost effort」と出てきます。

そうなると⇨I studied with utmost effort.

アメリカ人が日常会話でこの表現使っているのは今まで聞いたことありません。

 

一生懸命勉強した=たくさん勉強した  となるので

 

I studied hard.
I studied a lot.

 

こんなシンプルな文で十分伝わります。

まずは頭の中で日本語を別の日本語に直す練習から始めましょう。

 

会話は相手に伝われば言い訳なので、難しい文や単語で言う必要もありません。

 

 

文を短く組み立てる練習

 

この自己紹介文を訳してみます。

 

「私は東京大学の生徒です。歴史を専攻しています。」

⇨I am a student at Tokyo university. My major is history.

となるかと思います。

 

でもこの日本語を「私は東京大学で歴史を勉強しています。」

となっても意味は一緒ですよね?

⇨I study history at Tokyo university.

 

どちらも難しい単語を使っていませんがどちらの文の方がわかりやすいですか?

2つめのほうがシンプルでわかりやすくないですか?

 

長文で単語数が多いと文を組み立てるのに時間がかかるし

コミュニケーションが円滑に進まないこともあります。

長文になって間違いを防ぐためにも

わかりやすく、シンプルに相手に伝えることが大事です。

 

この本に書いてあることを実践すると英会話力がすごく楽になるのですっごくオススメです⇨会話もメールも英語は3語で伝わります

 

 

まとめ  

 

日本の英語教育の影響もあって、

かっこよく複雑な表現や単語を使った方がいいと思っていたらそれはNOです。

相手にいかに簡単に伝えられるかがポイントです!

 

普段から日本語で発想転換の練習して慣れておくことで

実際の英会話でも役立ってきます。

いつも単語力のせいで言葉に詰まってしまうと思っている方は

ぜひ実践してみてください!

英語を話すことがどんどん簡単に感じて楽しくなってきます♪