Tips

SNSは英語ではない?知っておきたいSNSスラング10選

 

SNSって言葉はもう誰もが聞いた/見た/使ったことある言葉ですよね。

ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなど人と交流するメディアをまとめて「SNS」と日本では使われます。

でも実はこれ、英語で「SNS」とは使われないのを知っていましたか?

間違えて使って相手が「???」となる前に、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

 

 

 

SNSは英語ではない?

 

 

SNSってなんの略?

 

SNSはSocial Network Servicesの略です。

 

Social=社交的な社会の

Networking=ネットワーキング、人との交流

Service=サービス

 

Social network servicesって、実は英語なんです。

でも英語圏の人って日本人が使うように「SNS」と言いません。

Social networkingとは使いますが、「SNS」と略して言ったりはしないんです。

 

英語ではなんと言う?

 

英語ではSNSのことを「Social media」と言います。

 

使い方は例えば、

I spend a lot of time on social media.
(私SNSでたくさん時間を費やしちゃう)

Social media has changed everyday life.
(SNSは日常生活を変えた)

 

SNSの略が英語なのに、英語でSNSって言ってもわかってくれません。

和製英語でもないのに、ややこしいですよね。

 

 

英語がとっさに出てこないなら【トーキングマラソン】で英語瞬発力を鍛える

SNSでよく使われる略語

 

ついでによくSNSで使われる略語・スラングを10選ご紹介します。

けっこう頻繁に見るので覚えておいて損はなしです。

 

LOL

Laugh out loudの略です。直訳すると声を出して大笑いって意味です。

日本語の「笑」、「w」な感じです。

似たようなもので、「LMAO= laugh my ass off」の略語もよく使います。

これは大爆笑って意味で、LOLよりも、めちゃくちゃ面白いよーって時に使います。

 

 

BFF

BFF=Best Friend Forever  

意味:一生の親友

 

 

TGIF

TGIF=Thank God It’s Friday

直訳すると「神様ありがとう、今日は金曜日!」なのですが、

1週間仕事を終えて待ちに待った金曜日(週末)だね、と嬉しさを表すときに使います。

日本語で近いのは「花金」でしょうか。(もう死語ですよね)

 

 

WTF

WTF=What the f*ck

意味:なんてこと!?

スラングで汚い言葉(fuck)が入ってしまいますが、なんてこった?!と驚いた時に使います。

 

 

OOTD

OOTD=Outfit Of The Day

意味:今日のファッション

おしゃれ女子のハッシュタグでよく見かけますね。

 

 

OMG

OMG=Oh My God

これは定番なので知っている人も多いかも。

びっくり、ショック、驚いた時に多用されてます。特にアメリカ人。

WTFとOMGは同じような時に使えますが、OMGのほうが汚いスラング言葉が入っていないので常用するならOMGのがいいですね。

 

 

ASAP

ASAP=As soon as possible

意味:早急に、出来るだけ早く、なる早

「エー・エス・エー・ピー」と長くなるので「エーサップ」と言います。

 

 

BTW

BTW=By The Way

意味:ところで、話変わって

 

 

YOLO

YOLO=You Live Only Once

意味:人は一回しか生きないよ

だから人生楽しもう!とか言う時に使っているのを見ますね。

 

 

ILY

ILY=I Love You

意味:愛してる、大好き

女子がよく使っているのを見かけますね。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「SNS」は日本人しか使わないのを知らない人が多いと思ったので、記事にしてみました。

SNSスラングもお役に立ったら嬉しいです。ぜひ使ってみてね!

 

 

生の英語を習いたいなら、オンライン英会話がオススメ!

【2021年】オンライン英会話オススメ5選まとめ【コスパ重視】