英会話学習法,  スピーキング

【保存版】英会話始める人のための勉強法マニュアル【3ステップ】

「何をしていいかわからない」

 

もっとも多い相談内容の一つです。

 

英会話教室、教材、ネットの普及で情報が氾濫している時代。

便利ですが選択肢がありすぎると逆に迷うのも当たり前です。

しかもやったことないことだと余計何をしていいかわからないですよね。

 

私の経験から英会話ゼロから一歩踏み出す勉強法を簡単にお伝えします。

 

私自身英会話ゼロからアメリカ留学し通訳レベルにまでなれました。

その過程で色々な学習法を試したり体験談を見聞きしてきた経験から

初心者の方が何をしたほうがいいかはっきりわかります。

 

これから英会話をしようと考えている方にはとってもオススメな方法です。

 

英会話始める人のための勉強法

 

オススメ勉強法をお伝えする前に、

英会話初心者が避けた方がいい勉強法を先にお伝えしておきます。

おそらく多くの方が手をつけたことがあることかもしれません。

 

英会話初心者が避けた方がいい勉強法

 

聞き流し・たくさん聞く

 

おそらく何をしていいかわからない方は

とりあえず、で隙間・移動時間に聞き流しを始める方が大半です。

 

たくさん英語に触れた方がいい感じがしますよね。

残念ながらそれは思いこみです。

 

英語聞くことで楽しいー!となるならいいですが

実はわからないものを何百回も聞いても

わかるようにならないし英会話出来るようにはなりません。

 

もし「聞くだけ〜」で話せるようになっていたら

今頃もっと多くの日本人が英語を話せていることでしょう…

「〇〇だけ〜」に騙されないでくださいね。

 

「聞き流し」や「たくさん聞く」ことは日常会話が出来るレベルになってから

効率的です。

 

いきなり会話レッスン

 

これもよくやってしまいがちな例ですが、

英会話=ネイティブと英会話教室

が日本ではまだ根強いので、一発奮起して通い出す方がいます。

 

英会話教室の多くは会話レッスン重視なので

英会話力ゼロでいきなり会話レッスンに入ると

 

・先生が何言っているかだいたいしかわからない

・先生が日本語話せないと質問も出来ない

・グループだと出来る人と差を感じて嫌になる…

 

残念ながらこんなパターンが多いです。

 

まず英語の幹となる基礎をつけてから会話レッスンに通うのが

一番ベストですね。

 

単語の暗記

 

これは必ずしたほうがいいでしょ?と思いますよね。

 

私が中学・高校生の時、単語帳カードに

1単語=1つの意味

を書いてひたすらめくって覚えていました。

 

やったことがある方も多いのでは?

実はこの覚え方って注意したほうがいいんです。

 

英語は一つの単語で文やフレーズによって違う意味だったりします。

 

例えば、

 

『Have』=持つ

 

という意味だと認識している方が多いと思います。

 

ではこの文だとどうでしょう?

 

I have a plan.

 

Plan=計画・予定という意味だから

 

私は予定を持ちます。

 

???

 

なんとなく意味はわかりますがなんかおかしいですよね。

 

実は have a plan で

「予定がある」「約束がある」という意味になるんです。

 

「持つ」だけで覚えていたら

少し混乱しますよね。

 

このように1単語=1意味で覚えてしまうと

会話の時に混乱してしまうことも。

なので「暗記」はオススメしません。

 

英会話始める人のための勉強法マニュアル

 

では先ほど書いたオススメしない3つの勉強法をしないなら、

一体何をしたらいいんだろう?と思いますよね。

 

英語たくさん聞き流さなくても、いきなり英会話教室行かなくても、

単語を必死に暗記しなくても良い方法が3つあります。

 

それが私がお伝えしたい下記の3つのステップ。

 


1. 発音を矯正する

2. 英語のルールをさらっとおさらいする 

3. 口を動かし音読で自分のものにする

 

順番に解説していきますね。

 

発音を矯正する

 

これはもっとも重要です。

なのに全く重要視されていません。

 

なぜ大事かと言うと、

自分が発音出来ない音は聞こえてこないから。

 

何回も聞いていたら知っている単語がよく聞こえてくるようになって

わかってきたような「勘違い」が起こるだけなのです。

 

発音矯正すると音が聞こえてくるようになるので

リスニングが伸び、自信にも繋がります。

 

発音は「フォニックス」で練習するのがオススメ!

発音についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

英会話の勉強始めるならまずこれをしよう【最短で話せる方法です】

 

おすすめな教材はこちら。

実際私の講座生も使っています。

見やすくて、口の動かし方や息の使い方がわかりやすく書いてあって

基礎のルールを学ぶには最適です。

 

日本語と英語は口の動かし方が違うので

発音をしっかり先に学んでおくと後々楽です。

 

 

英語のルールをさらっとおさらいする

 

車を運転するときに交通ルールがあるように、

英会話もルールがあります。

 

そのルールが「文法」です。

 

文法は大事です。

でも文法を端から端まで理解する必要はないんです。

普通に会話して楽しむレベルなら中学レベルで大丈夫です。

 

完璧にしようとせず、さらっとおさらいして次にいきましょう。

 

大事なのでもう一度言いますね。

全て必死に覚えようとせず、

「あ〜こんなの習ったな〜」くらいの気持ちでおさらいする感覚でよいですよ。

交通標識だって机に向かって必死に覚えたというより、

運転していくうちに覚えていきませんでしたか?

そんな感覚でOKです。

 

口を動かし音読で自分のものにする

 

これが一番の醍醐味です。

 

英語って音が繋がったりアクセントがあるので

それをしっかり自分のものにすることが出来るのが「音読」です。

 

まず口が動くようにトレーニングし

自分のものに落とし込むまで音読し続けます。

 

音読ならこちらの本が本当にオススメ。

中学英語の内容で「聞いて」「真似して」「使う」の

3ステップトレーニングで、わかりやすい動画での解説もあり

英会話初心者の方にはぴったりです。

 

まとめ

 

世の中で良いと言われている方法は、

実は英会話初心者には向いていなかったりします。

 

今回お伝えした、


1. 発音矯正

2. 中学文法をおさらい

3. 音読を続ける

 

これだけすれば日常会話、海外一人旅でも問題なく話せるようになります。

 

まだまだ英語を話せる日本人が少ないのは、

 

学習方法がわからない

続けていない

 

のどちらかだと思います。

 

今回の学習方法は確実に効果はあります。

あとは続けるのみです。

 

誰でも英語は話せるようになりますから。

 

 

 

“何していいかわからない”が1時間で解決!⇨英会話学習コンサルティング

ご質問・ご感想はこちらから⇨お問い合わせフォーム