和製英語

【惜しい和製英語】パンも英語ではないの?!【食べ物編】

 

食べ物も意外に和製英語が多いんです。

また英語でない他言語からきているカタカナもたくさん。

カタカナだとどれが英語なのかそれ以外なのかわかりにくいですよね。

 

今無理して単語を覚えなくてもこれは和製英語なんだ〜と知っていることで、使う場面になって思い出すのでそのときまた調べればいいですね。

覚えてしまうにこしたことはないですが。

 

いくつかよく出てくる食べ物に関した和製単語をご紹介します。

 

 

 

間違いやすい和製英語
〜食べ物編〜  

 

 

 

シュークリーム

 

Cream puff

シュークリームだと shoe + Creamで「靴クリーム」

あまり美味しそうではないですね。

ちなみにシュークリームの語源はフランス語。

 

 

パン

 

Bread

パンの語源はポルトガル語で「Pan」

 

 

アメリカンドッグ

 

Corn dog

 

とうもろこしの粉=Cornから出来ているからCorn dog

日本語の「アメリカンドッグ」の由来は

ホットドッグの「ドッグ」とアメリカからきたから「アメリカン」らしい。

ややこしいですね。

 

 

 

ソフトクリーム

 

Soft serve ice cream

ソフトクリーム→Soft creamだと

「うん?柔らかいクリーム?」となり

アイスだとは思わないですね。

 

 

ホットケーキ

 

Pancake

Hotcakeでも通じなくなくはないのですが

Pancakeのが一般的に主流です。

 

 

プリン

 

Pudding

発音が「プディンッ」な感じなので

「プリン」と言ってももしかしたら通じるかもしれません。

 

 

フライドポテト

 

French fries

これはアメリカだけです。

イギリスやオーストラリアは「Chips」です。

アメリカではポテチが「Chips」ですのでややこしい。

 

 

 

 

レトルト

 

Ready-to-eat food

レトルト=Retortは実は英語なのですが

Retort foodとは誰も使わないですね。

Ready-to-eat=食べれる準備の出来ている

という意味です。

 

 

ピーマン

 

Bell pepper

Bell pepperはどのピーマンの色でも使えます。

緑のピーマンならGreen pepper

赤のピーマンならRed peper

色+pepperと言い換えてもOK!

 

 

ペットボトル

 

Plastic bottle

食べ物ではありませんがよく使うペットボトル。

PET bottleは和製英語ではありません。

でもPlastic bottleのが一般的に使われます。

 

 

テイクアウト

 

To go (アメリカ)Take away(イギリス)

こちらもご飯をお持ち帰りするときによく使う言い回し。

テイクアウト→Take+outで

まぁわかってくれる人は理解してくれるかもしれません。笑

 

 

 

まとめ 

 

レストランではメニューを指させばいいですが

会話上でうっかり和製英語を言わないために

今のうちにメモしておきましょう。

 

次の海外旅行いく前に話せるようになりたいなら

今のうちに英会話勉強始めてみるのはいかが?

<英語学習が続かない人必見> 今度こそ挫折しない絶対オススメ英会話スクール